でゅーく RSS

Archive

Tumblelogs I follow:

12:47
permalink

・デタラメ1 怒りは発散すべし
なぜデタラメなのか?
「怒ったら叫ぶなり枕を殴るなりして怒りを発散させよう!」などと言いますが、これは完全に逆効果。アイオワ州立大の研究によれば、感情の発散は怒りを呼び戻すだけで、かえってフラストレーションが溜まっちゃう。

代わりにどうすればいいのか?
研究にあたったブラッド・ブッシュマン教授いわく、「怒りを発散するよりも紛らわせることを考えた方がよい」とのこと。コメディ映画や音楽で気分を変えて、怒りが自然に消えていくのを待つほうが、結局は精神衛生にいいらしい。ちなみに、怒ったときに運動で感情を発散するのもNG。体を動かしたいときは、ヨガやストレッチをしましょう。

・デタラメ2 落ち込んだらポジティブなイメージを描け!
なぜデタラメなのか?
「落ち込んだらポジティブシンキング!」というのも自己啓発の定番(ナポレオン・ヒルとかね)ですが、研究によればマイナスなイメージから無理に気をそらすのは完全に逆効果。不安やストレスを頭から追いだそうとすると、人間の脳は逆にネガティブなイメージに集中してしまうものらしい。

代わりにどうすればいいのか?
ストレスや不安を感じたときは、信頼できる人に相談するか楽しい場所に行くのが一番。友人・家族・セラピストなどに気持ちを打ち明けつつ、パーティや公園・ショッピングモールといった自分の気持ちがわき立ちそうな場所に行ってみるのが、結局はストレスを解消する最短ルートなんですな。

・デタラメ3 目標を具体的に思い浮かべれば実現する!
なぜデタラメなのか?
「目標をビジュアル化すれば成功できる!」なんてことも言いますが(神田昌典氏の本とかね)、スポーツ心理学の研究ではゴールを想像しても成果は上がらなかった。心理学者のシェリー・タイラーいわく、ビジュアル化は成功した自分のイメージで気分が良くなるだけで何の効果ももたらさないどころか、せっかく設定した目標の意味もなくしてしまうそうな。

代わりにどうすればいいのか?
単純に目標を達成したイメージを思い浮かべるのではなく、ゴールに必要な作業を明確にして、それぞれのステップをイメージトレーニングしてみる。 UCLAが行った実験では、単に「良い成績を取った自分」をイメージした学生よりも、「図書館で勉強している自分」を思い描いた学生のほうが成績はよくなった。

・デタラメ4 アファメーションを使えば自尊心が高くなる!
なぜデタラメなのか?
「アファメーションでポジティブな自己暗示をかけよう!」なんてのも定番の自己啓発ネタですが(マーフィーとかね)、心理学の見解は否定的。テキサス大のウィリアム・スワン教授いわく「人間の自尊心は周囲の評価によって常に変化するため、自分で何度もポジティブな暗示をかけても意味がない」とのこと。さらに、もともと自尊心が低い人だとアファメーションは有害なケースも多いんだそうな。

代わりにどうすればいいのか?
自尊心を高めるには他人からの評価を高めるしかない、というのが心理学の結論。したがって、どうしても自信が持てないなら、自分をほめてくれる人と積極的につきあっていくしかない。そのうえで、周囲の高い評価に合うように自分を鍛えていくのがベスト。

— 自己啓発本によくあるデタラメ4選 | ガジェット通信 http://getnews.jp/archives/674664
0リアクション
Comments (View)

11:14
permalink 0リアクション
Comments (View)

16:52
permalink

鍋の中のパスタを盗んでハスキーさんと食べるオウム

(出典: youtube.com)

1 リアクション
Comments (View)

19:13
permalink 0リアクション
Comments (View)

10:17
permalink 0リアクション
Comments (View)

12:17
permalink 0リアクション
Comments (View)

19:30
permalink

◆第1位:Google 1588億4300万ドル(約16兆1000億円)


◆第2位:Apple 1478億8000万ドル(約15兆円)


◆第3位:IBM 1075億4100万ドル(約10兆9000億円)


◆第4位:Microsoft 901億8500万ドル(約9兆1500億円)


◆第5位:McDonalds 857億600万ドル(約8兆7000億円)


◆第6位:Coca-Cola 806億8300万ドル(約8兆2000億円)


◆第7位:Visa 791億9700万ドル(約8兆円)


◆第8位:AT&T 778億8300万ドル(約7兆9000億円)


◆第9位:Marlboro 673億4100万ドル(約6兆8000億円)

By Ben K Adams

◆第10位:Amazon 642億5500万ドル(約6兆5000億円)


11位以降は以下のような並びとなっています。

11位:Verizon
12位:GE
13位:Wells Fargo
14位:Tencent
15位:中国移动通信
16位:UPS
17位:中国工商银行
18位:MasterCard
19位:SAP
20位:Vodafone

21位:Facebook
22位:Walmart
23位:Disney
24位:American Express
25位:Baidu
26位:TOYOTA
27位:Deutsche Telekom
28位:HSBC
29位:Samsung
30位:LOUISVUITTON

31位:Starbucks
32位:BMW
33位:中国建设银行
34位:Nike
35位:Budweiser
36位:L’Oréal
37位:ZARA
38位:RBC
39位:Pampers
40位:The Home Depot

41位:Hermès
42位:Mercedes-Benz
43位:SUBWAY
44位:Commonwealth Bank
45位:Oracle
46位:Movistar
47位:TD
48位:ExxonMobil
49位:HP
50位:IKEA

51位:ANZ
52位:Gillette
53位:Shell
54位:中国农业银行
55位:Accenture
56位:Colgate
57位:Citibank
58位:FedEx
59位:Siemens
60位:Gucci

61位:eBay
62位:Orange
63位:H&M
64位:BT
65位:U.S. Bank
66位:Tesco
67位:中国石化
68位:中国银行
69位:Yahoo
70位:HONDA

71位:Twitter
72位:Cisco
73位:DHL
74位:BP
75位:Sberbank
76位:中国石油天然气股份有限公司
77位:中国平安保险
78位:LinkedIn
79位:J.P. Morgan
80位:MTS

81位:中国人寿
82位:Woolworths
83位:KFC
84位:Ford
85位:Westpac
86位:Intel
87位:CHASE
88位:Pepsi
89位:Scotiabank
90位:NISSAN

91位:Santander
92位:RedBull
93位:MTN
94位:Bank of America
95位:NTTドコモ
96位:PRADA
97位:PayPal
98位:ING
99位:UBS
100位:ALDI

0リアクション
Comments (View)

12:37
permalink 0リアクション
Comments (View)

16:46
permalink 0リアクション
Comments (View)

20:08
permalink 0リアクション
Comments (View)